建設業界の社長・親方の想い・こだわりをインタビューしてご紹介  |  職人BIZネット(関東地区)

Avatar

三和石産株式会社

情報
基本情報
商号名称
三和石産株式会社
職種
その他
郵便番号
252-0823
都道府県
神奈川県
住所
神奈川県藤沢市菖蒲沢仲之桜710番地
営業日・時間
8:00~17:00
インタビュー
訪問した方
訪問した方
TAKAZAWA
ご希望のキャッチ
新しいこと・楽しいことを追い求める三和石産グループ
この職業を選ばれた動機は何ですか?
日本という資源の少ない国で生産性を向上させ、GDPを上げるには内需が大事です。
内需拡大を高めるには公共事業を円滑に推進していく必要があります。
そのために何か役に立てることはないだろうか・・・と考え、元々営んでいた砕石業に加え、その製品を工事現場に納入する仕事である生コンクリート業をはじめました。
この会社の業種を決めた理由は何ですか?
生コンは片道90分しかもたない商品ということもあり、地域に密着した、地場産業の特性が強い業種ですので、近隣を夜でも安全で明るく、住みやすいエリアにしたいという私の思いに合致したからです。
この土地で開業しようと思った理由は何ですか?
以前は海の近くに工場をかまえていたのですが、周辺の区画整理・再開発の影響もあり現在の土地に移転しました。
海の近くから内地に移ったことで、社屋を多面的に活用出来るようになったこと、また、コンクリートの需要も多いことなどからこの土地に移転して良かったと思っています。
社長の得意分野は何ですか?
周りの人と打ち解けて、楽しく話をすることが得意だと思います。私から一方的に話をするのではなく相手の話を聞くこと、特に若い人たちと話をすることが楽しいですね。
スタッフさんに対しての想いを語って下さい。
社員皆が1,000万プレイヤーになってほしいと思っており、それが私の夢でもあります。
一人ひとりが自分で考えて色々なことにトライしていってほしいし、ファイティングスピリットを持って仕事に取り組み、自分が会社を引っ張っていくぐらいの力を持てるように頑張ってほしいと思っています。
お客様にどのように貢献していきたいですか?
3Kと言われる業種であることからも、社員がプライドをもって楽しく安全に働ける環境を作り、近隣の方々と良好な関係を築くこと、「社員貢献」「地域貢献」が「お客様貢献」に繋がっていくと思っています。
この会社の他にはないところをPRしてみてください。
弊社独自の特徴をあげれば枚挙にいとまがありませんが、一番の強みは、世界唯一、地球環境に貢献している生コン業者というところです。いかにゴミを出さないか、いわゆる「戻りコン」の再利用の研究開発に取り組み、既に実用化され、環境省から表彰されました。現在、私自身最も力を入れているプロジェクトです。また、ミキサー車においても、オリジナルの軽量ミキサー車を開発・導入することによる環境負荷軽減への取り組み、さらに自社の製品を自社の社員が自社の車で輸送する輸送力の強さというところも他社にはない当社の強みのひとつかと思います。
今後、会社をどういう風にしていきたいですか?
大きくなることよりも、根っこのしっかりした会社にしたいと思っています。そのためには社員一人ひとりがプライドを持って楽しく働ける環境づくりをすることが社長の役目だと思っています。また、近隣を大切にすること、地域に貢献することを大事にしています。そのひとつとして、当社の砂利や砂を運ぶトラックには無料で地元のPRのためのラッピングを施しており、地域の皆さんからとても喜ばれています。社員からも地域の方からも愛される会社でありたいです。
人生を変えてくれた人は誰ですか? その理由も教えて下さい。
末娘がまだ小さな時に、自分が会社を継ぎたい、継ぐためにはどうしたらよいのか?と言ってきました。女性がまだまだ少ない業界で、ましてや社長業です。私は厳しい条件を出したのですが、彼女は大変な努力をして全ての条件を、クリアするどころか超えてきました。そんな努力家の末娘にこの会社を引き継ぐ時までに、完璧な会社にしておかなければ、という私自身の意欲が湧いてきます。人生を変えてくれた人は末娘です。
詳細情報
備考

ただの生コン会社ではない!

私たちは、本社のある藤沢をはじめ神奈川県内各地に複数の生コン工場を持つ生コン製造販売会社ですが、ただの生コン会社ではありません。

『 新しいこと・楽しいことを追い求める三和石産グループ 』には、採掘・運輸・荷役・リサイクル・土木工事・大型車のタイヤ販売などの様々なグループ企業があり、グループとしてコンクリートに直接・間接にかかわる事業を一括して行いながら、環境活動や社会活動(下記)にも積極的に取り組んでいる、全国でもまれな会社です。

代表取締役

中田 泰司

 

三和石産の歴史

 

昭和39年7月   創業者中田正義が河川砂利採取業、「中田商事」を発展解消し、「三和石産株式会社」を設立。秦野市戸川に砂利・砂製造プラントを創業
昭和43年8月   藤沢市辻堂に生コンクリートプラントを設備し、「三和石産株式会社生コン部」として生コンの製造販売を開始。
昭和55年12月   三和石産生コン部としてJISA5308レディーミクストコンクリートの表示許可工場となる。
昭和60年3月   生コン部敷地内に第2プラントを新設
昭和61年4月   秦野市戸川の砂利・砂製造プラントを閉鎖し、本社の登記を秦野市から藤沢市に移転。
平成元年1月   横浜市戸塚区に生コンプラント「三和石産戸塚工場」建設。生コン第2工場として製造開始。
平成元年5月   横浜市神奈川区出田町埠頭の荷捌き権利を取得し、船舶輸送による骨材荷役会社として、「株式会社ミナト産業」を設立。
平成元年10月   三和石産株式会社戸塚工場としてJISA5308レディーミクストコンクリートの表示許可工場となる。藤沢市の生コン部を「三和石産株式会社藤沢工場」と改名し登録。
平成7年3月   建材、土木事業、ダンプ輸送の専門企業として「株式会社バンカー」を設立。
平成9年4月   平塚市の生コンプラント「株式会社平塚スミセ生コン」より土地建物・営業権一切譲渡受け、「株式会社ミックス湘南」を設立。
平成11年12月   三和石産株式会社藤沢工場、戸塚工場、株式会社ミックス湘南の3工場同時に国際品質規格ISO9001の認証取得。
平成12年11月   生コン輸送会社「株式会社厚木レミコン運輸」より車両、営業権一切譲り受け、「株式会社エッグ」を設立。
平成14年4月   太平洋セメント、三好商会、第一セメント、相栄アサノ生コンとの共同事業により株式会社ミックス湘南を解散し、相栄アサノ生コンミックス工場として運営
平成15年3月   「株式会社ミナト産業」が出田町埠頭から瑞穂埠頭へ荷捌き地を移転。骨材混合プラントを運営。
平成15年3月   「株式会社バンカー」にコルゲートサイロ5基の骨材混合プラント完成
平成15年8月   藤沢市の生コンプラント「相鉄コンクリート株式会社」より土地建物・営業権一切譲り受け、「株式会社ミックス藤沢」を設立。
同時に同所の生コン輸送会社「株式会社湘南建材輸送」より車両・営業権一切譲り受け、「株式会社エッグ」として運営。
平成20年9月   三和石産グループ内の輸送部門を「株式会社エッグ」に統合し運営。
平成20年10月   湘南C-X都市再生事業に関連し「三和石産藤沢工場」を閉鎖。
事由により「株式会社ミックス藤沢」を「三和石産藤沢工場」として運営。

 

環境活動・社会活動

【環境負荷軽減への取り組み】
業界として大きな課題である生コンクリートのリサイクルや、過積載をすることなく輸送能力を向上させた車両の開発などで、複数の特許を取得。

【震災復興への取り組み】
東日本大震災直後に現地で生コン工場を設立し、復興事業への協力と地元住民の雇用という形での復興支援活動を継続中。

 

会社紹介映像を公開中☆

【 三和石産株式会社 】本編映像CM(技術)CM(営業)

 

生コンクリート販売等については以下までお問合せ下さい。 

会社概要

会社名
代表者
本社所在地
設立
資本金
主な事業内容

 

  三和石産 株式会社
中田 泰司
〒252-0823 神奈川県藤沢市菖蒲沢仲之桜710番地
昭和39年8月
5,000万円
生コンクリート製造販売、砂利、砂、セメント販売、車両及び建設機械のリース業、不動産の賃貸、管理業務等

 

 

トップに戻る